写真家、久々湊陽一が写真に関しての想いを綴った不定期のブログです。
by クックー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
いつもお世話になっています
記事ランキング
最新の記事
お気に入りブログ
以前の記事
最新のコメント
ガイア写真塾展「東京オア..
by sinnra-photo at 11:59
11月9日(木)は、写真..
by gaia-photograph at 20:45
11月7日(火)は、とて..
by gaia-photograph at 21:08
タグ
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
ファン
検索
外部リンク
# by gaia-photograph | 2013-11-12 18:34 |

クラシカルエレガントな時好

何時かある時、何処かで見たことがありそうなクラシカルエレガントの秋冬の
ファッションフォトを撮影しようと思い立ちました。
撮影仲間のスタイリストとヘアーメイクの提案で、1960年前後に活躍していた
女優の様なモデルを選び、その当時に流行していたヘアーメイクやスタイリングの
ファッションフォトを目指しました。
立冬を過ぎた頃の晴天の日の午後に、森の木の下に寄りかかり柔らかな光を浴びながら
午睡している美の女神の精霊が宿っているようなイメージで撮影をしました。
そして、撮影後に暗室で自分なりに研究してきた独自の手法や技法でモノクロの
プリントを作り上げました。
最終的には、時の流れを表現するためにプリント作品に薄いイエローの色を
着色したかのように施し、クラシカルでエレガントのファッションフォトを
柔らかなイメージを持つモノトーンの写真作品として仕上げました。

                       copyright kukuminato youichi


More〜に「クラシカルエレガントな時好」のモノトーンの写真とモノクロプリントの話
     「沈黙の忠誠(100写真作品&100写真物語より)」があります。

More
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-11-06 13:34 | ファッション&アート

土手に咲く野生化した花、「新モノトーンの写真、その18(マホニア・コンフューサ編)」

Monotone complexity of digital

時々、街角の公園の土手に野生化したマホニア・コンフューサの黄色の花が
咲いているのを見かけます。
その花には余り興味も無く何時も素通りしていたら、ある日いつの間にか花達が萎み
美しい種を持つ植物のように変貌していました。
偶然にせよ意志的にせよ、美しいと思う存在を発見しカメラを通して撮影することは
至高の喜びです。
私にとっての写真とは、日常とは掛け離れている異質な世界を発見し、あるいは
見つけ出し切り取る作業だと思っています。
仕事場に戻り、時の流れや現実の世界に見え隠れしている非日常を浮きぼりにしようと
思い、微妙で複雑な色合いを持ったチャコール着色(銀塩時代の茶色い着色)を施した様な
新モノトーンの写真作品として仕上げました。

                        copyright kukuminato youichi

☆新モノトーンの写真とは、久々湊陽一・kukuminato youichi がアナログ時代
 表現することが難しかった複雑で微妙な色合いをデジタル画像処理ソフトを駆使し
 私独自に創り上げた新たなモノトーンの写真のことです。
 

More〜に土手に咲く野生化した花、「新モノトーンの写真、その18
(マホニア・コンフューサ編)」と「蘇る必然(100写真作品&100写真物語より)」が
    あります。  

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-10-30 18:24 |

移ろいやすい美の概念

無国籍風で性別や年齢なども俄には分からない遠い未来から来たような女性の
ポートレートを撮影したいと常日頃から想い描き考えてもいました。
ある日、偶然にも個性的で不思議な趣きがある女性のモデルと出会いました。
至急、モデルも交えて撮影スタッフが集まり「遠い未来の個性的な女性美」という
コンセプトを決めて撮影することにしました。
撮影当日、モデルには顔の表情は敢えて無機質でノー・スマイルでお願いし
眼差しだけは何かを強く見つめているようにと伝えました。
撮影が終わって出来上がった写真を見ていたら、遠い未来には希望が溢れ出ていて
個性的で様々な人々が街のありとあらゆる場所で楽しげに語り合い笑い合って
生きているように感じました。
現代の美の概念では、けっして美しい女性の写真とは言い難いですが見目形は
時代と共に変容し移ろい、未来では新たな美の概念が確立していると思っています。
それゆえに、いつの日にか様々で個性的な沢山の人々がこの地上で穏やかで健やかで
心豊かに生きているのではと日々夢想する今日この頃です。
そして、依り想像力を喚起するためにも、モノクロの写真作品として仕上げました。

                       copyright kukuminato youichi

More~に「移ろいやすい美の概念」のモノクロ写真と「ファッション写真をモノクロ
    にしました」があります。

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-10-25 20:56 | ポートレート

しなやかで生き生きとしたノボタンの花の蕾み

21世紀に入ってから、特に東京には世界中の国々から様々な珍しい品種の花達が
やってきています。
そして、各々の民家や農家や公共施設などには花畑や花壇などをつくって自分たちが
好きな花達を植えて四季折々愛でて楽しんでいます。
先日、ノボタンという珍しい花の蕾を見つけたので、じっと観察していると踊るように
生き生きとして瑞々しくしなやかに生きている事を感じたので数カット撮影をしました。
何かが生まれる瞬間は、ありとあらゆる生きとし生きるもの達に共通する某かの渇望や
必死さや強烈なパワーが存在していると感じました。
仕事場に戻り、ノボタンの花の蕾の生命力や伸びやかさや躍動感、そしてアンバランスの
美も併せ持った写真表現をしました。

                         copyright kukuminato youichi


More~にノボタンの花の蕾のカラーの写真と「悠然とした意志
      (100写真作品&100写真物語より」があります。

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-10-18 18:56 |

蘇るイコン

限りなく透明で美しい肌と中性的な魅力を持った純粋な眼差しの女性と出会いました。
後日、友人のヘアーメイク、スタイリストの仲間達とテストシュートをすることになり
過去から現在までのファッションフォトとは一戦を画し、あらゆる既成概念を排除した
アート性の強い写真作品創りを目指しました。
それは、現代に蘇ったイコンのようなポートレートで特にヘアーやメイクはとことん
拘りに拘り洋服も粗(ほぼ)セミヌードに近いスタイリングで撮影に挑みました。
モデルの眼差しは、人々の思惑や正邪や詭弁、どのような美辞麗句にも動じない
イメージにするために、只只大型カメラのレンズをじっと見続けてもらいました。
それゆえに撮影中は、なにもかも見透かされているような不思議な感覚に陥りました。

                         copyright kukuminato youichi


More〜に「蘇るイコン」のカラー写真と「極楽鳥の化身」の写真作品&写真物語が
    あります。

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-10-03 20:03 | ポートレート&アート

厳粛と戯れ

9月の下旬頃に、私用で久しぶりに丹沢近辺に行くことに成りました。
当日は、小雨が降っていましたが午後に成ると運良く薄日が射してきました。
カメラを担いで何時もの坂道をゆっくりと登っていると小さな畑があって少し朽ちかけた
鬼灯(ほうずき)を見つけました。
撮影の準備をしていたら、雲の切れ目から光が鬼灯に当たり一際美しく赤々と光彩を放ち
命の輝きの光景が現出したので急いで数カット撮影をしました。
今でも、鬼灯を見かけると不思議に厳粛で崇高な気持ちに成るのと同時に嬉しい気持ちと
懐かしい感情が心の中で複雑に交差します。
それは、子供の頃に深く心の中に刻まれた記憶で、夏にお盆が来ると必ず行われてきた
厳粛なる儀式と鬼灯との戯れの遊びのDNAが同居し互いに融合し合い、永い刻(とき)を
掛けながら無意識のうちに受け継がれ暮らしてきた証だと思いました。

                         copyright kukuminato youichi


More~に「厳粛と戯れ」の写真と「雨上がりの薄日(100写真作品&100写真物語より)」が
     あります。

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-09-27 21:59 | 植物

時代の忘れもの、「新モノトーンの写真、その17(水車小屋編)」

Monotone complexity of digital

その時代その時代、人々は日常生活をより豊かにしようと一所懸命に様々な道具を作り
多種多様な苦役からの脱却をしてきました。
先日、江戸時代の後期頃に造られた壊れて動かない水車と一体に成っている古い小屋が
打ち捨てられているかのように佇んでいるシーンを撮影しました。
その時に、脳裏を過ったのは不必要になった道具類や機械類などは容赦なく切り捨てて
いく人々の営みの過去、現在、未来のことでした。
現在は、利便性を追求し生活に必要な道具は、少しづつ進化を遂げていっていますが
一体この先どうなってしまうのだろうなどと想いを馳せました。
大袈裟かもしれませんが、いつの日にか人々の欲望の貌(かたち)は禁断の領域に入り込み
いつの間にか新たな文明へのとば口の序曲に成ってしまうのは、過去の歴史を振り返り
鑑みても必然な事なのだろうかとも思いました。

                         copyright kukuminato youichi


More〜に「時代の忘れもの、新モノトーンの写真、その17(水車小屋編)」の写真と
   時をテーマにした「刻印される時代」の写真作品&写真物語があります。

More〜
[PR]
# by gaia-photograph | 2013-09-22 15:40 | 新モノトーン